秋の季節を快適に楽しく過ごす為に、夏の疲れを解消する方法を知ろう!

>

日々の行動に気をつけるだけで和らぐ、解消方法

生活に運動を取り入れる

運動をすると、血行が良くなり体が活性化されます。
血行が良くなるとリンパの流れも良くなり代謝が行われるので、老廃物が流れて体の不調の原因を取り除いてくれます。
また、体が活性化されることで自律神経の乱れも整うので夏の暑さと冷房との温度差で自律神経が乱れたことにより感じていた体の怠さなども緩和されることでしょう。

運動は、激しい運動をする必要はなく軽く汗を流す程度で問題ありません。
運動と聞くと、億劫になってしまうかもしれませんが散歩などでも効果を感じることは出来るので運動というよりは、体を動かすという認識で大丈夫です。

また、運動は上質な睡眠をとる上でも大切なことです。
運動をして軽く汗を流した後に、ぬるめの湯舟に浸かることでより睡眠に対する効果を発揮することが出来るでしょう。

冷房温度、紫外線ケアをする

人の体は、5度以上の体感温度差を感じると体調を崩す恐れがあります。
しかし、夏の暑い時期は各所で冷房を低く設定しており、屋内と屋外で温度差が5度以上になっている場所は多々あります。
自宅で冷房をかける時は、屋外の気温を確認し体感温度差が5度以上にならないようにして冷房をかけてください。
仕事場など、自分の意志で屋内温度を設定出来ない場合はカーディガンを羽織るなどして、各自で出来る体を冷やさない為の対策を行ってください。

夏の時期は紫外線も強くなり、日焼け止めを塗るなどのケアを何もしていないと紫外線を直に浴びてしまいます。
紫外線はお肌の大敵と言いますが、実は疲労を蓄積させるものでもあります。
紫外線は活性酸素という細胞を傷つけ衰えさせるものを細胞内に発生させ、その影響で体に疲労が蓄積されてしまいます。
夏の疲れを少しでも軽減する為には紫外線対策が必要です。
また、抗酸化物質を摂取することも効果があります。


この記事をシェアする