秋の季節を快適に楽しく過ごす為に、夏の疲れを解消する方法を知ろう!

>

睡眠をとって夏の疲れを解消しよう

睡眠不足は夏の疲れを招く

熱帯夜には、どうしても寝付きが悪くなりがちです。
暑さを無くす為に冷房をかけて寝たとしてもタイマーが切れてしまうと暑さが戻ってきてしまう為、そこで目が覚めて中々眠りなおすことが出来ず寝不足になってしまったり、低い温度のまま一晩中冷房をかけて寝たとすると体を冷やし過ぎてしまい風邪をひいてしまう可能性もあります。

寝不足が続くと、頭がボーッとしてしまったり睡眠をとってもスッキリせず眠さもとれない日々が続くので日中の活動が辛くなりますよね。

上質な睡眠をとる為には、暑さを気にせずにぐっすり眠ることが出来る環境がとても大切になります。
寝ている間、冷房をかけたままにしておくのであれば設定温度を低くし過ぎないようにする、扇風機を利用する、窓を開け外から入ってくる風で涼むようにするなど暑くもなく寒すぎもしない温度を意識しましょう。
扇風機を利用する時は、体に直接あて続けないように注意してください。

上質な睡眠をとる為に出来ること

ぐっすりとした上質な睡眠をとる為に、眠る前に出来ることがあります。

一つはぬるめの湯舟に浸かることです。
暑い時や体調が不調な時はシャワーをサッと浴びて終わらせてしまいがちですが、ぬるめの湯舟に浸かることで心身共にリラックス出来るとともに、じんわりと体が温まると自然と睡魔が襲ってきます。
入浴は睡眠時間の1時間から3時間前に済ませると良いと言われており、睡眠時間間近に入浴してしまうと目が覚めて、いざという時に眠れなくなってしまうので注意が必要です。

もう一つは、寝る直前には携帯やパソコンは触らないようにすることです。
携帯やパソコンの明るい光は目を覚まさせてしまい、睡眠直前や眠れない時に携帯やパソコンを見てしまうと目が覚めてしまい、思うように眠ることが出来ず睡眠不足に繋がってしまいます。
睡眠直前や、目が覚めてしまい眠れない時はなるべく携帯やパソコンには触らないようにしましょう。


この記事をシェアする