秋の季節を快適に楽しく過ごす為に、夏の疲れを解消する方法を知ろう!

>

夏の疲れとはどんな症状?

栄養バランスを意識する

偏った食事をしていたり、食事を摂取しないとなるとその分体の栄養は傾き、不足してしまうので体調の悪さを招いてしまいます。
冷たい食事は体を冷やす炭水化物が多く含まれており、夏場に冷たい食事ばかりを摂取してしまうと体を冷えやすくしてしまうだけでなく炭水化物ばかりを摂取し、気付けば他の栄養素が不足しているという事態も起こり得ます。
では、どのような栄養を積極的に意識して取り入れると良いのでしょうか?

栄養を摂取する上で意識したいのは、夏の疲れを緩和してくれる栄養素です。
その栄養素とはタンパク質、ビタミンB1、ビタミンC、マグネシウム、クエン酸、カルシウム、パトテン酸となっています。

上記の栄養素が含まれる食材を意識して食事を摂取すると、栄養バランスも良くなり夏の疲れも緩和されるでしょう。

体に良い調理方法とは

夏の疲れを緩和する為には、しっかり食事を摂取しないといけないとは分かっていても食欲が湧かない時や胃腸の調子が悪い時に食事を摂取することはとても辛いことですよね。

しかし、食事の摂取を怠ってしまうと夏の疲れをとることは出来ず、栄養が不足してしまい長引く原因にもなってしまいます。
食欲不振や、胃腸の調子が悪い時には温かい食事や消化の良い食事をつくり、食べることをお薦めします。
特に温かいスープ類は夏の疲れを緩和する栄養素が入った食材を組み合わせやすく、消化にも良いのでお薦めです。
どうしても食欲が湧かず、食べ物を受け付けないという状況の時は飲み物で栄養を摂取することを心掛けましょう。

食事を摂取し、栄養をとることは大事ですが食欲不振の時や胃腸が不調な時に無理をしてしまうと、却って胃腸に負担がかかり悪循環となってしまいます。
まずは食べられる量から食事をし、徐々に通常の量に戻していきましょう。


この記事をシェアする