夏の疲れを一気に解消する方法

秋の季節を快適に楽しく過ごす為に、夏の疲れを解消する方法を知ろう!

夏の疲れとはどんな症状?

夏の疲れを感じた時に、積極的に取り入れるべき栄養素や体に負担をかけない調理方法を選ぶことは大事です。 毎日摂取する食事の栄養素、食材、調理方法に少し気を配るだけであなたの夏の疲れが和らぐかもしれません。 それでは、その食事から出来る解消法とは何でしょうか? ...続きはコチラ

睡眠をとって夏の疲れを解消しよう

睡眠は、我々人類にとってとても大事なことです。 仕事などで睡眠時間が短くなってしまったり、ついついスマホやパソコンに夢中になって夜更かししていたりはしていませんか? 夏の疲れをとる為には、寝ている間に体を修復してくれる睡眠は欠かすことは出来ません。 ...続きはコチラ

日々の行動に気をつけるだけで和らぐ、解消方法

食事や睡眠だけではなく、日々の何気ない行動に気をつけるだけでも夏の疲れを和らげることは出来ます。 特別なことは何も無いので、忙しくて食事の内容や睡眠に気を配ることが出来ないという方にはぴったりの解消方法かもしれません。 では、その解消方法とはどんなものかご紹介します。 ...続きはコチラ

毎日の食事から出来る解消方法

季節が過ぎ、夏の茹だるような暑さも徐々に緩和され過ごしやすい涼やかな季節となりました。
しかし、涼しくなり始めると同時に体の怠さを感じたり、食欲がでなかったりなど体の不調を感じてはいませんか?
もしかするとそれは、夏の疲れが原因かもしれません。

夏の疲れの症状は主に体の怠さ、疲労感、食欲不振、眩暈、頭が重くボーッとしてしまう、胃腸の不調、睡眠をとってもスッキリせず眠さもとれないことなどが挙げられます。

では、どうしてこのような症状がでてしまうのでしょうか?
それは、夏の間に知らず知らずの間に蓄積されたストレスが原因です。
夏の暑さは自分で考えているよりも体への負担は大きいもので、加えて日本は湿気の多い気候なのでカラッとした暑さというよりは体に纏わりついてくるようなムワッとした暑さで、汗をかいても熱が体に留まりやすく疲労感も蓄積しやすくなっています。
それに伴い屋内では冷房が強く設定されている場所が多い為、茹だるような暑さの外と時には肌寒さを感じる屋内を出入りしていると自律神経が乱れてしまい更なる疲労感が蓄積される結果へと繋がってしまいます。

こうして、疲労感とストレスが夏の間ずっと体に蓄積されていってしまうので涼しくなり始めると同時に夏の疲れが症状として現れてしまいます。

また、暑い夏はキンキンに冷えた飲み物や冷たいアイスクリーム類、喉越しがさっぱりした冷たい麺類などが美味しい季節です。
冷たいものばかり摂取していると、体を冷やしてしまうので駄目だと分かりつつも気付くと毎日の食事が冷たいものに傾向していませんか?
熱中症対策で体を涼めることは良いことですが、冷たい食事を摂取し過ぎて体を冷やしてしまうと消化器官に影響がでて胃腸の不調に繋がってしまいます。
また、冷たい食事は比較的炭水化物が多いので栄養が傾き、そこから食欲不振に繋がってしまいます。

このように様々な原因から夏の疲れは発生します。